野鳥撮りの記録(2014/1開設) 全体TOPへ

 久里浜の潮汐カレンダー  渡り鳥と足環 画像をクリックで拡大 日本野鳥の会  鳥の大きさの推定方法
野鳥 2017/5
(Rev.2017年5月)
(今月のハイライト) セッカ チュウシャクシギ キョウジョシギ コシアカツバメ ハマシギ コサギの婚姻色 アマサギ オオルリ キアシシギ 
カルガモ コサギ誕生 アオサギ誕生 サギ4種 
2017/5/29 キジ
MF
今日も挨拶代わりにホロウチ 彼女に会えるのは何時になるのかな?


2017/5/28 セッカ & トビ
MF
今日も炎天下で1時間待ちで4回飛来もピントOKは1回・・・トビで飛びもの練習
2017/5/27 セッカ
MF
天気が良く背景の空と新緑が対照的になりました


5/27 カワセミ
(消去につき再掲) 芦名堰



2016/9/13 サギ4種の勢揃い
下浦海岸にて
(大きさの図上比較) 
アオサギ(最大)> ダイサギ> チュウサギ> (クロサギ)> コサギ> (ゴイサギ)> (ササゴイ)> アマサギ(最小)
 
2017/5/26 アオサギ誕生(3羽?) & 5/29コサギの編隊
くつわ堰
此処のサギ類の繁殖は堰中央部の雑木で覆われた浮島が舞台で、画像の美しさは良いとは言えないが年中楽しめます


2017/5/22 カルガモ  (2015/6 子連れカルガモ)
川間川
今日出会ったファミリーは親1羽子2羽で、8羽のファミリーは子沢山の別ファミリーか?現れず


2017/5/20 ユリカモメ夏羽
下浦海岸
詩歌に詠まれた都鳥はユリカモメといわれる;日本野鳥の会


2017/5/19 キアシシギ
久里浜長瀬
夕方の何時もの常連さん


2017/5/18 オオルリ さえずり
森戸川
念願の野鳥が撮れまた一つ目標をクリアー! でも、まだまだあれもこれも撮りたいね


2017/5/15 アマサギ
くつわ堰
初見初撮りも運鈍根への賜物! 昨年から何時も頭にあったがついに約1時間弱お付き合い


2015/5/15 キョウジョシギ
(消去につき再掲) 久里浜長瀬



2017/5/14 キジ
MF
何時ものようにホロウチで出迎え有難う お相手さんに会える日を教えてよ!


2015/5/13 キアシシギ
(消去につき再掲) 久里浜長瀬



2017/5/12,14,17 婚姻色いろいろ Rev.5/15
くつわ堰
嘴付け根から目までが変色 (下段)ピンクでコサギ (上段)青色でダイサギ 婚姻色は数日で微妙に変化する??


2017/5/11 ハマシギ&メダイチドリ夏羽  5/21補追 (2016/5メダイチドリ)
追浜干潟

好天予報を受け今日も朝駆け キアシシギを加えて40羽ほどで賑やかだった
先月末のセッカ大御神?をゲットしたご利益か画像が良くなってきたようで、幸運は尽きぬ反省と努力で自ずと巡りくるようだ
今日は6人ほどのCMに出会い まずは挨拶から始まり楽しく話が弾んだ!鳥撮りを初めてよかったね

2017/5/9 ハマシギ
追浜干潟
夏羽を撮りたくて(2016/11ハマシギ冬羽) 朝駆けで20羽ほどの群れに出会い今シーズン初撮りも曇天で色調が拙くて・・・


2017/5/8 おがさわら丸  フェリーとツーショット
久里浜港

「新」おがさわら丸が久里浜港へ初寄港しました  〜横須賀から世界遺産への直行便です〜
昨年7月に3代目として新造され、5月8日に久里浜港へ初寄港したことを記念し、「おがさわら丸」入港歓迎式典を開催しました。
【YR:Vol.830】2017年5月10日 吉田雄人のユーティングレポートより
2017/5/7 コシアカツバメ
佐原
着地姿の羽色は美しいが飛翔体は空の背景色が不出来です


2015/5/6 コゲラ
(消去につき再掲) 衣笠山公園



2017/5/3 コシアカツバメ  (2016/7/4コシアカツバメ)
観音崎公園
今シーズン初撮りも飛来回数少なく着地1回飛翔5回分 ベテラン鳥友を横目にP900での飛翔体撮りは至難!
今後も機会ある度びに挑戦です

2017/5/5 メダイチドリ & キョウジョシギ
江奈湾

今日は好天の下で4種の小鳥に遊ばれ画像多数も、選別の目安は目玉と嘴の鮮明なもの メダイチドリの飛翔を逃し残念
ここのキョウジョシギはいつも打ち寄せられた海草に群れるよう

2017/5/4 キョウジョシギ
走水海岸
30羽ほどの群れに出会った画像の選択に困ったが・・・駄作?


2015/5/2 イソヒヨドリ
(消去につき再掲) 水辺公園



2017/5/1 チュウシャクシギ
久里浜海岸
夕方近くで今シーズン初撮りもツーショットを逃がす


2017/4/29 セッカ
MF
晩春です セッカの季節です


2017/4   2017/6

 (C)1999ー2017 Fukuchan
inserted by FC2 system